外構に力を入れるのは防犯効果あり!

門扉をつけて防犯意識の高さをアピール

横浜は人口も多く、そのぶんだけ犯罪件数も多いのが特徴です。
家屋への侵入による犯罪も多く、防犯意識を高めて対策をするのが重要と考えられています。
防犯意識が高いことをアピールするために有効なのが門扉の導入です。
鍵のかかるタイプなら尚安心ですし、周囲から見ても意識が高いことがわかりやすいのがメリットです。
つけていないと無用心というわけではありませんが、不審者としては意識が高く侵入しにくい家と認識される可能性が高くなります。
夜間や外出のときだけでも施錠しておくとさらに防犯対策として効果的ですし、見た目もよくなります。

防犯砂利で不審者を即時発見

外構工事をする上で最近人気のアイテムが防犯砂利です。
防犯砂利は建物の周りに敷き詰めておくことで不審者が入ってきた時に大きな音が鳴るようなシステムで、見た目は普通の砂利と変わりありませんので不審者が入ってきた時に早く気がつくきっかけになります。
不審者だけでなく、来客の時にも気がつくことができますので非常に便利なアイテムです。
砂利は一般的な商品よりは多少価格帯は高めになりますが、外構工事の時に導入しておくことで安心して生活をすることができます。
砂利の色や大きさも豊富に揃っていますので工事の時に検討してみてはいかがでしょうか。

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*