外構に力を入れるのは防犯効果あり!

門扉をつけて防犯意識の高さをアピール

横浜は人口も多く、そのぶんだけ犯罪件数も多いのが特徴です。
家屋への侵入による犯罪も多く、防犯意識を高めて対策をするのが重要と考えられています。
防犯意識が高いことをアピールするために有効なのが門扉の導入です。
鍵のかかるタイプなら尚安心ですし、周囲から見ても意識が高いことがわかりやすいのがメリットです。
つけていないと無用心というわけではありませんが、不審者としては意識が高く侵入しにくい家と認識される可能性が高くなります。
夜間や外出のときだけでも施錠しておくとさらに防犯対策として効果的ですし、見た目もよくなります。

防犯砂利で不審者を即時発見

外構工事をする上で最近人気のアイテムが防犯砂利です。
防犯砂利は建物の周りに敷き詰めておくことで不審者が入ってきた時に大きな音が鳴るようなシステムで、見た目は普通の砂利と変わりありませんので不審者が入ってきた時に早く気がつくきっかけになります。
不審者だけでなく、来客の時にも気がつくことができますので非常に便利なアイテムです。
砂利は一般的な商品よりは多少価格帯は高めになりますが、外構工事の時に導入しておくことで安心して生活をすることができます。
砂利の色や大きさも豊富に揃っていますので工事の時に検討してみてはいかがでしょうか。

タグ: , , ,

囲い外構で立てる壁のパターン

無機質さがかっこいいRC擁壁

横浜では外構も含めて自分たちの理想の建物を建てたいと考える方が多いです。
無機質さな所がかっこいいと思えるRC擁壁はモダン的な印象も持つ事ができるため、先の事を考えての囲い外構はRC擁壁をおすすめします。
デザイン的にも気にいる方が多いですが、強度が何よりも魅力あるポイントです。
高くする程強度も増します。
横浜では車を運転している方も多いですが、車が突進してきても壊れない点もメリットです。
種類がない点はデメリットに感じてしまう方もいますが、モダン的な良さはしっかりと感じる事もでき、壊れにくいので人気です。

人気が高いブロック塀・塗壁

横浜ではブロック塀をよく見かけますが、費用面が購入しやすい価格であるため利用者が多いです。
また、ブロック塀が多いため、安心して依頼できると感じる方もたくさんいます。
そして、RC擁壁との違いは種類があるという事です。
灰色が一般的ではあり、灰色のブロックを多く見かける事が多いですが、化粧ブロックも魅力があります。
様々なカラーを楽しむ事ができるので、デザイン的にも評判が良いです。
普通の灰色のタイプよりも若干値段は高いですが、RC擁壁よりは費用面で安くする事ができるので、メリットです。
ブロック塀にフェンスを建てる事ができる点も利点の一つです。

タグ: , , ,

フェンスを立てる外構工事、その意義とは?

家の土地の境界がハッキリする!

外構工事としてフェンスを立てる第一の目的はどこが土地の境界かをハッキリさせることです。
特に横浜のような大都市で家を建てる場合、敷地面積が限られていたり、一坪当たりの土地の価格が高いので、土地の境界をハッキリさせておかないと後で余計なトラブルを招きかねません。
それを防ぐためには誰が見てもよくわかり、しかも一度設置すれば動かすことがむずかしいものにしておく必要があります。
フェンスの特徴はまたその薄さです。
広い面積の土地はもちろん、大都市の狭い面積の土地を最大限に活用するためにはその薄さが役に立つのです。

プライバシーを守れる!

土地の境界線にフェンスがあるのとないのでは外から入ってくる場合大きく異なります。
フェンスがあるとたとえそれが簡単に乗り越えられるものであっても、多くの人にとってはそこからは入るべきではないという気持ちになるのが普通です。

言い換えれば不用意に人が敷地に入ってくるのを防ぐことができます。
その結果としてプライバシーを守ることにつながるのです。
フェンスにはまた様々な種類があり、外から敷地内が簡単に見えるものや見えにくくなるものまであります。
見えにくくなるものを取入れれば更にプライバシーを守ることにつながります。

タグ: , ,
Top